初心者が手を出すのは危険な仕手株。理由として一番に挙げられるのは、やはり「リスクが高い」ということです。当サイトでは、そんな仕手株での資金運用についてご紹介します。

仕手株視点の日経平均日経225とみずほ銀行配当

非常に大きな資本を持つ仕手筋と呼ばれる投資グループは、自らの大きな資本を使いある銘柄の株を集中的に購入する事により株価を引き上げて株価の引き上げ操作を行った後、大量の空売りを行い株価を急激に下落させて大きな利益を得るという、株価操作により巨大な利益を得る手法を行う集団です。仕手筋には多くの株取引に手を出している国際的な組織も多くありますが、実態がはっきりしないものもあります。この様な株価操作の対象となった株の銘柄の事を仕手株といいますが、仕手株と表示されるわけではありませんので株価の動きから判断して見分ける必要があります。仕手株の株価は、仕手筋によって操作されていますので、個人投資家はその事を十分に考慮して株の売買を行う必要があります。うまくやれば大きな株価変動から大きな利益を得る事ができますが、下手をする大きな損益を被ることになる株取引に不慣れな初心者には向かない株銘柄です。仕手株となりうる銘柄の条件としては、株の大量購入の費用対効果から通常の銘柄に比べて安い株価の銘柄である事が1つの条件になります。平均的な株価の1つに日経平均日経225とがあります。この株価指標との比較をする事により仕手株となりうるかどうかの予想が可能となります。特に価格の安い株銘柄の事をボロ株といいます。つまり、ボロ株の中から仕手筋に目を付けられたものが仕手株になります。この様な観点から株銘柄を見回した時、最近はみずほフィナンシャルグループ株がボロ株として注目されています。みずほフィナンシャルグループの傘下にみずほ銀行がありますが、みずほ銀行は配当利回りが高い事でも知られています。高いみずほ銀行配当は別の意味で株選択の1つの指標にもなります。