初心者が手を出すのは危険な仕手株。理由として一番に挙げられるのは、やはり「リスクが高い」ということです。当サイトでは、そんな仕手株での資金運用についてご紹介します。

仕手株化しにくいユーラスエナジーホールディングス

仕手株になりやすい銘柄というのはある程度条件があり、逆になりにくい銘柄というのもあります。
まず、ユーラスエナジーホールディングスのように非上場企業の銘柄の場合には仕手株に選ばれることもなく、株を買い集めることも高値で売りつけることも難しいため選びようがないというのが正確な言い方になります。
また、企業に対して売りつけるために仕手戦が行われたとしても、一般の投資家がそのようなことが行われるということを知る術はないのため非上場企業に関しては特に考える必要はありません。

次にイオンリート投資法人のようなリートですが、これも一般的に仕手株として選ばれることもなくその理由としては比較的規模が大きく株価の操作が容易では無いということと、リートは比較的安定した投資先として選ばれることが多いものであるため、株価の吊り上げを行おうとすれば大きな売りが降ってきて仕手筋自体がその売りを吸収しきれずに株を抱えてしまう危険性があるためです。
そのため、このような銘柄というの仕手株に適さないものとなっているのですが、それならばどのような銘柄が仕手株になりやすいのかというと株価の吊り上げが容易な小型株で業績も軟調な銘柄が選ばれやすくなっています。
株価の吊り上げをしやすいというのは株を高値で売りつけるために必要な条件ですし、業績が軟調な企業に投資をしようとする人もいませんから仕手筋にとって厄介な売り圧力が少なく株価の吊り上げがしやすく、それに加えて株の買い集めもしやすいものとなります。
このように仕手株というのは、一般的に投資対象として魅力が薄い目立たない銘柄ほど狙われやすいものとなっているので、怪しげな急騰をした銘柄には手を付けないようにしましょう。