初心者が手を出すのは危険な仕手株。理由として一番に挙げられるのは、やはり「リスクが高い」ということです。当サイトでは、そんな仕手株での資金運用についてご紹介します。

中越パルプや三菱ケミカルホールディングスの仕手株

中越パルプや三菱ケミカルホールディングスのような銘柄でも、時に不可解な値動きを見せることがありもしや仕手株になったのではないかと思うこともあるかもしれませんが、そのような時には一度冷静になって何かニュースが出たのではないか確認をするようにしましょう。

仕手株に選ばれやすい銘柄というのは、時価総額も小さく業績も不振で市場の関心が低く長い間株価が低迷されているような銘柄が選ばれやすく、中越パルプのように横ばいながらも安定した業績の企業や三菱ケミカルホールディングスのように規模の大きな銘柄というのは仕手株に選ばれることはそれほど多くありません。

そのため、このような銘柄が怪しい値動きをした時には、何か材料が出たことのほうが多いものとなっています。
どちらも東証一部の銘柄であり、市場の注目度も大きいものですから一度何かの材料が出てそれが悪材料とも好材料とも取れるものであれば売り買いをする人の数が多いだけに、短時間で激しく株価が乱高下するということも珍しくありません。
そのような光景を目の当たりにすれば、仕手筋が参入してきたのではないかと思ったりしてしまうものですが、単純な材料による乱高下であることのほうが多いのです。
何かの材料が出れば一般の投資家から、機関投資家まで様々な投資家が参加してきやすい東証一部の銘柄だけに、新興銘柄のように値幅こそないものの、激しく値が動くということも珍しいものではありません。
忠悦パルプや三菱ケミカルホールディングスの大きく動く時にはこのようなことも考えられるので、仕手株化したのではと疑いを持つ前に何かしらの材料が出ていないかを確認する所から始めてみるのが良いでしょう。