初心者には難しい仕手株とは?

初心者が手を出すのは危険な仕手株。理由として一番に挙げられるのは、やはり「リスクが高い」ということです。当サイトでは、そんな仕手株での資金運用についてご紹介します。

仕手株とUBCSについて知っておく

株式投資を行おうとしている人は仕手株と呼ばれるものを知っておかなければいけません。初心者が参入するには難しい株のことをさします。この意味を知っておかなければ、思わぬ損害を被ることがあります。仕手株とは、ある集団によって株価を操作されていることをいいます。操作の仕方としては、株価が非常に安いものを買い占めを行います。

買い占めをすると、需要と供給のバランスから株価が上昇傾向になります。株価が上昇すると考えた投資家たちによって、株の買いが始まります。そうすれば、株価はさらに上昇傾向になるのです。やすい株価の何倍もの値段に膨れ上がったところで、買い占めを行っていた集団によって売りが発生します。短期間のうちに株価が急上昇して、そのあとは下落していく銘柄のことを仕手株といいます。

UBCSに関しても情報を集めておくといいです。株式投資の世界は情報が全てです。知らなかった情報があると、損をすることがよくあります。そのため、初心者の人は仕手株やUBCSといったわからない言葉については調べるクセをつけておくといいです。UBCSに関しては、十分な知識を持っておくといいでしょう。

仕手株の購入は初心者のうちは控えておくといいです。その理由としては、買いと売りのタイミングが難しいからです。どのくらい株価が上昇しているか掴みにくいです。また、短期間で株価の上昇と下落が起こるので、波にのるのが難しいです。仕手株の見分け方としては、長年株価が低迷しているものや業績が芳しくない企業の場合が多いです。また、株価が異常に低いものがターゲットとして狙われます。仕手株の速報などもあるので、株式投資を行うときには常にチェックしましょう。

■仕手株情報が知りたい方はコチラ
最新の仕手株まとめサイトはこちら
■ここで優良な株情報を知ろう
株主優待おすすめランキング情報
■株をやる上で重要なのが投資顧問です
投資顧問